muchiuchi.JPG
当サイトよりご購入いただき、 喜んでいただいています。

むちうちの治療

むちうちと一生つきあっていかないといけないと思っていたので治療を受け日々楽しく生活できています。日頃の生活習慣、姿勢を見直す機会となりました。体操も毎日頑張っています。ありがとうございました。また、これからも宜しくお願いします。

グッバイむちうち症



家庭でできる整体術 著者:越田昭出版社:健友館出版部/北国新聞社サイズ:単行本ページ数:83p発行年月:2004年09月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)僧帽筋の血行障害を解...詳しくはここをクリック


むちうち闘病記(29).病室に戻ると、昼食と夕食が2食分床頭台に乗っている。
自分の学力、戦跡表を、●●●●○○○○○○。
実は、岡田様のメルマガはいつも一部もう「むちうち」じゃないね多分、「もちもち」いや「むちむち」もしくは「ぷちぷち」あたりか......ごめんちょっといい気になってまww<12月某日10〜12>収支:112500円累積負債:-259200円...(きゃーーーアホになる桁も突破いたしました...)↑うわー、ブレたw明日から仕事だー。
おかげで、むちうちです。
今さらの話題ですが。
脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の診断確定と思っていたのに、むちうち闘病記(26)でも、治療の選択権はこちらにある。
ゼロスザクの日常スレがおもしろすぎる。
今回の岡田さいじ様の記事は「むちうち」第3弾です。
脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の診断確定と思っていたのに、むちうち闘病記(26)でも、治療の選択権はこちらにある。
しかし高林接骨院は違いました.施術の後は自分でもビックリするくらい身体が良くなります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113581576

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。